参照17: 向精神薬 と 抗精神病薬

向精神薬:さまざまな定義があるが、「中枢神経(脳)の他の機能に重大な変化を与えることなしに、精神機能や行動あるいは情動面に著しい影響を及ぼす薬物」と言えよう。抗精神病薬(統合失調症の治療薬)、抗不安薬(神経症の治療薬)、抗うつ薬(うつ病の治療薬)、抗躁薬:気分安定薬(躁病の治療薬)、睡眠薬(不眠の治療薬)、抗認知症薬、精神刺激薬に分類される。
抗精神病薬:向精神薬の一つ。統合失調症の治療薬であるが、認知症周辺症状の興奮などに効果がある。

参照17: 向精神薬 と 抗精神病薬 への12件のフィードバック

  1. うーちゃん のコメント:

    抗精神薬で検索でてきたので相談させてください。

    14歳ごろの時 境界性や双極 適応障害 自律神経と言われ様々な抗不安剤飲み結局対症療法で(デパスやマイスリー リーゼ ワイパックス ハルシオン)
    どっかの病院でエビリファイもらい そしたらなにも感じなくて 辛くない楽しくない思い出に残らない。
    なんだか散々で高校からはカウンセリングメインに治療。寛解していました。

    が26歳現在 久々のパニックというか頭が混乱し自傷の再発(学生ぶり)希死念慮に襲われどうしていいか分からず精神科受診。

    たいした検査もカウンセリングもなく 初診でラツーダ20処方。
    抗精神薬にいいイメージがないのでちょっと不安。車の運転と過去ODの事実があったので抗不安薬なしのラツーダのみです。

    そんな変な処方ではないのですかね、、
    このままとりあえず飲み続けるべきなのかな、と。まだ3日目ですが

    • 西川正 のコメント:

      パニックにラツーダ単剤処方は私的には違和感を覚えますが、まだ3日目だそうですので、効果を主治医に報告されて薬物調整して貰われたら如何でしょうか。

  2. aki のコメント:

    2か月程あとにすごく喋る事に気づいた自分がいます。(2日程ハイな気分で喋っていて自分でもおかしいなと思えました)
    4ヶ月ほどたった頃から不眠が始まって寝る事が得意だったのに5時間しか寝れなくり徐々に寝れる時間が減ってきました。
    体重も急に落ちました。食欲もなくなってきました。
    この頃から何をしても楽しくなくなり  
    鬱状態が始まりました。朝は気力で大丈夫ですが仕事帰りの17時頃はしんどかったです
    10ヶ月たった頃にご飯が食べれなくなり
    お粥を食べていました。その内ご飯に何を作ったらいいのか分からない状態になり
    味がわからない。食べても美味しいと思わない。
    空腹感がない。満腹感がない。となりました。
    家族身内に双極性もいませんし 精神科にかかった人もいません。
    12か月目に1日の中でしゃべらずに落ちる時間と喋る時間があった事がありました。

    今現在寝れなくて外出する気もおこらず食欲はありません
    何にも興味がわきません
    感情が無くなったみたいに感じます 
    ご飯も何を作っていいか分からず作ってもらった物を食べます。美味しいと思う事がなくなりました。食べた感もありません。
    双極性障害かうつかどちらの症状だと思いますか?

    • 西川正 のコメント:

      診断は双極2型障害で現在はうつ状態を呈しておられると思います。現在の処方に抗うつ薬を追加処方して貰われたら改善すると思います。

  3. とー のコメント:

    家族が2020年夏頃〜激務のせいで
    心身不調(うつ?)になりました。
    春までは異動もできず
    睡眠薬・頭痛薬・抗うつ薬を
    飲み、何とか乗り切りました。
    2021年4月に異動でき、激務も
    なくなり、不調もないと思います。
    医師に調子を詳しくは言えていない
    かもしれません。
    減薬は少しずつのようです。
    今は
    セルトラリン錠 50mg 1日1回
    フルニトラゼパム錠 1mg1日1回です。
    減薬のペースは上げれそうでしょうか?
    (私は上げれるのでは、と思います)
    例えば、半年で何mgずつ、合計2年など
    ざっくりの目安のペースなど
    ないですか?
    色々すみません。
    できれば教えて下さい。
    宜しくお願い致します。

    • 西川正 のコメント:

      減薬に焦りは禁物です。まずは症状の安定を重視すべきです。ここで減薬のペースの詳細を記述する事は紙面が限られており困難です。昨年11月に星和書店から「精神科診療のポイント」を上梓し、その参照に「向精神薬の減薬」について詳細を記載していますので、宜しかったらそちらをご参照ください。

  4. S藤H夫 のコメント:

    統合失調症で入院中の息子・49歳について。入院間もなく嚥下障害で、食べられなくなりました。栄養ゼリーやプリンやヨーグルトはごくごく飲みます。抗精神薬を使うと無反応気味になり、現在何も薬剤は使わないでおります。3ヶ月も掛かり未だに改善なく、主治医は転院も口にすることも。何か、方法か有効な薬剤はないでしょうか。日々痩せて週一のipad面会ですが、かなり痩せてきて焦っています。

    • 西川正 のコメント:

      遷延性錐体外路症状と思います。この疾患の治療には極めて専門的な知識を要します。生命的危機状態と思いますが、胃瘻にて抗精神病薬の効果消失を待つのも一法かと思います。

  5. T永Y子 のコメント:

    はじめまして。私は、統合失調症を発症してオランザピンOD錠5mgリスペリドン錠0.5mgマグミット錠500mgを就寝前  バルプロ酸ナトリウム錠200mgランドセン0.5mgを朝食後、就寝前に服用しています。生活のリズムを崩した時、眼球上天になりそのたびにランドセン0.5mgを服用しています。眼球上天時は、体がきつく集中力もありません。多量の服薬をしているので副作用が心配です。今光トポグラフィーの再診断も検討してますが如何でしょうか?ご意見宜しくお願いします。

    • 西川 正 のコメント:

      眼球上転発作ですね! 抗精神病薬をもう少し減量して貰われるか、アーテン(セドリーナ)(2)1T分1 朝 
      追加処方して貰われると消失すると思います。光トポグラフィーの再診断は必要ないと思います。

  6. sirai のコメント:

    私は双極性障害なのですが、疲労感を伴う、うつ状態を呈することはありますか?仕事は忙しくないのに動く事自体、歩く事自体に疲れるといった有様です。
    こういった時は抗うつ剤が第1選択なのでしょうか?
    ちなみに今はアナフラニール100㎎、パキシル40㎎を服用しています。

    ご教授ください。

    • 西川 正 のコメント:

      双極性障害であれば、当然うつ状態を呈する事はあります。ただアナフラニール100㎎、パキシル40㎎の処方は重度単極性うつ病の処方であり、双極性障害の処方としては違和感を感じます。状況を詳しく主治医に話されて、必要であれば、薬物調整を行って貰われては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です